fc2ブログ
Top Page › 未分類 › 今日の保育
2017-12-14 (Thu) 16:30

今日の保育

 例えば、おもちゃを独占して絶対に他の子に譲らない子がいたとします。その子があるとき、他の子に「かして」といわれて「いいよ」といったとします。

 保育や子育てに関わったことがない人から見れば当たり前の成長のように思えるかもしれませんが、その子にとっては大きな大きな成長です。だから時々先生がそのことを報告に来てくれたりします。

 先生にとっても今までの苦労が報われた瞬間でもあります。保護者の皆さまも子育ての中で経験されることが多いかと思います。

 子どもを長時間保育施設に預けることは子育ての喜びに接する機会を狭めることになりはしないか。その代わり子育ての苦労は軽減されますが…。

 どちらが良い悪いではありませんが、物事には必ず両面があります。得るものがあれば必ず失うものがある。そういうものだと私は思います。

 あまりに長時間子どもを保育施設に預けることは子育ての喜びと苦労を一部あるいは大部分保育施設に投げ出すことになりはしないか。親の利益と子どもの利益はそもそも同じものなのか。少なくとも日本のような長時間の預かりは先進国の中ではノーマルなことではありません。

 こんなことを書くと典型的な守旧派のように思われるかもしれませんが、私は守旧派ではありません。懐疑主義者ではありますが。


 さて、今朝は園庭にもうっすらと霜が降りていました。二学期の保育もあとわずかです。

 太陽のありがたさをしみじみと感じる時期です。

DSC00132.gif


 年少組さん。ハサミの使い方も上手になりました。この一年でどれだけのことができるようになったでしょうか。

DSC00133.gif



2017-12-16

Comments







非公開コメント