fc2ブログ
Top Page › 未分類 › 卒園式が終わりました
2015-03-18 (Wed) 10:49

卒園式が終わりました

 昨日、卒園式が終わりました。皆さまお疲れ様でした。
 卒園式の写真をとるのを忘れました。だから今日は写真がありません。私は私で、それなりに忙しかったのです。
 卒園式で証書を渡しながら、漢字で書かれた名前を確認していると、どういう思いでこの名前をつけられたのだろうという思いで胸が熱くなりました。
 幼稚園ではほとんど漢字で名前を示すことがありません。それは子どもたちにもできるだけ読めるようにという配慮もありますが、名前にはそれに込められたヒストリーがあります。こういう意味で、こういう思いでこの名前は付いたのだろうなと推測するととても楽しいです。名は体を表す場合も表さない場合もありますが、親の思いだけはしっかり伝わってくる(ような気がします)。
 世界では子どもたちが少年兵になって人々を傷つけたり殺戮したりことがあります。また子どもを使った自爆テロもあります。子どもは敵からも警戒されにくい、また小さいから目立たないし、狭いところにも潜り込みやすい、だからテロリストにとって使い勝手が良いのだということが後藤賢二さんの本に書いてありました。
 いたいけな子どもたちがもはや人間ではなく便利な道具として扱われている。しかも宗教を利用してそのようなことが行われる。コーランのどこをどう読んだらそんなことことが可能になるのかわかりませんが、そのようなことが各地で行われている。
 「反知性主義」というのか、人間の無知を利用してウソや一部の人にとって都合の良いことがが人々の心の中に侵入してくる、そのようなものが世界を覆いつつあるようにも見えます。
 ひるがえって日本でもそうならないという保障はどこにもない。だから学ばなければならない、学んで自分で考える力を身につけなければならない。学ばない人や一方的なことしか受け入れられない人はすぐにだまされる。
 「遊んでばかりいないで勉強しなさい」ときっと小学生になったらいわれるでしょうが、一面の真実です。でも特に小さい間は遊ぶことも大切なのでしっかり遊んで下さい。
 ※なおこの2つの場合、「遊び」の定義が違いますので矛盾はしていません。
2015-03-20

Comments







非公開コメント